読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

 

どうしてビールは「とりあえず」なのか。

 

 

ビールを不味いとしか思えなかった頃、大人たちの言う、「とりあえず生」が格好良くて仕方なかった。

 

誰もが通らざるを得ない道、そうしていつのまにか通学路のようになっているもの、そう、それがビールというもの

 

ビールは通過儀礼だ。
好きでも嫌いでも飲まねばならぬ。ならぬものはならぬ。そうして味を覚え好意を覚えていく。

 

いつの間にか私も一先ずビールを頼むようになり、あの頃の「とりあえず生」への憧れは薄れ果てた。

 

確かにビールは美味い。生ビールなら尚よい。甘くもなくキツくもなくあの黄金:純白=7:3の見た目も美しい。まず先に飲みたくなる。

 

 

カクテルでも焼酎でもワインでもなく、何よりも先ず、ビール。ビールは凄い。ソフトドリンク界で言えば水だ。だからビールは凄い。

 

 

しかし何故、「とりあえず」なのか。

気持ちはわかる。私も時折とりあえず注文する。しかしそれでよいのだろうか。

 

「とりあえず」という言葉は使うな、と誰かに教わったことがある。諦め感というのか、そういった負の感情が浮き出るから、ということらしい。私もそう思う。

 

だからな、ビール好きの大衆、本当にビールが好きならば、「とりあえず」はやめような。

「何よりもビール!」「我先にビール!」もしくは「生!」の一言で頼もうな。と私は思うのである。

 

 

 

が、ビールは太るしハゲる(らしい)。

よくない。非常によくない。

時折、なんでこんなものを(失礼)飲んでいるのか、と思うことがある。

けれどビールは旨い。

だから飲料会社は一刻も早く、ビールではない、限りなくビールに近いものを開発してくれ。太らないしハゲないやつ。

 

 

と思う日々が続く