読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールズ

 

 

ボールズという大好きなバンドが昨日、解散した。

 

三年前、CDショップで見掛けたジャケットが可愛いらしくて、その場で視聴をしたあの瞬間、頭のメロディーに一瞬で脳の神経を、ボーカル(やーまんさん)の声に一瞬で内臓を、持って行かれるような、感覚だった。今だにハッキリと、恐らくマサイ族かどこかの一族が1キロ先の物をハッキリと認識できるくらいハッキリと、その時のトキメキを覚えている。思い返す今でさえドキドキしている。

 

ライブにもよく行った。
ボールズは大阪のバンドだけれど、よく東京にも来てくれた。地元を大切にしつつも関東まで来てくれるところがまた、好きだった。

 

初めてライブを観た時のトキメキも忘れていない。あの時も一瞬だった。一瞬で全身の血液が勢いよく循環し出すような、感覚だった。CDでの「爽やか」、とにかく爽やかなイメージとは一変、ライブでは真夏のような熱気と、ラムネのようにパチパチ弾ける音楽と、ポップコーンのようにポンポン飛び跳ねるメンバーと、そしてその周りに、目に見えるかのようにキラキラピカピカしたものが浮かんでいて、私はひたすらワクワクした。

 

野外でのライブもまた、素晴らしかった。
朝の澄んだ空気と自然に囲まれた広いステージがこれほど似合うバンドなんぞあるか!と思うほど、爽やかで、心地よく、素敵であったのを、思い出す度にちょっぴり切なくなる。

 


そしてワンマンライブほど最高なものはなかった。好きなバンドひとつだけのライブなんて、最高に決まっている。バイキングと同じ、好きなものしかお皿には載らない(、というイメージ)。
お客さんも皆、何かしらそのバンドに興味や好意があって来ている人たちなわけだから、もうこれは鬼に金棒、最高が2倍にも3倍にもなる。

 


そんな素敵なバンドが、昨日を以って解散した。空気が一斉に入り込もうとすると圧力か何かで全く入れなくなるような法則があったようななかったような気がするけれど、解散と知った時は、色んな思いが一気に集まってつっかえ、ひとつも外に出てこなかった。その後しっとり考えると、寂しくて、悲しいとか嫌だとか解散しないでとか、思うことは沢山あるけれど、総じて寂しいと思った。、


それでも、好きな人の好きな曲を好きになるような感覚で(違うかもしれないけれど)、好きな人たちの決めたことならばそれが一番よくて、正しいのだと思う。
各々がもう前を向いて進み始めているから、尚よいのである。

 

何より、ボールズが大好きで、それだけでよかった。好きが一番大きいのなら、何であってもよい。

 


最後の(とは思いたくないけれど)ライブは、一年振りに観たライブは、いつも観ていたものと何ら変わらない、限りなくよい意味で特別感のない、どこまでも楽しい一線のライブだった。やっぱりキラキラしていて、真っ直ぐで、あぁスポットライトのよく似合うバンドだなぁとふと思って、「寂しい」よりも「楽しい」がずっと強くて、楽しくて、ワクワクして、最後までそんなライブをしてくれるボールズを、やはり素敵だなぁと思った。ホームの大阪でライブを観られたことを、とても幸せに思っている。

 

 

ライブが終わってからはずっと、脈が不穏で、心臓が時折ドンッと跳ねて、落ち着かない。結局は寂しいのである。実感が湧かない。そらぁ、死んでしまうわけではないからボールズがいないという感覚は掴みにくい。
一晩寝て起きたら、ちっと冷静になったけれど、メンバーのコメントを見たらまた動機・息切れ・気つけが起こったり起こらなかったりしてきて苦しい。

 

 

 

私は、本当に、ボールズが大好きだった。
見えぬ先のことを誓うのはあまり好ましくないけれど、それでも私はこれからもボールズが大好きで、これからもボールズの音楽を聴いて、いつかまたライブをしてくれることを密かに楽しみにしながら、待つのだと、これまたマサイ族のあれこれのように、ハッキリとわかっている。

 

 

力強くて、いつだって私たちをステージの上へ引き上げてくれるように歌うやーまんさん、セクシーに格好良くベースを弾く阪口さん、絶対にMCを外さない、控え目ながらも存在感のある池ちゃん、大胆に愉快にフロアを盛り上げてくれるジャスミンさん、そんな4人を後ろから見守りながらドラムを叩くぐっさん、そして活動休止中のボールズを動かしてくれ、唯一のライブではずっと笑顔で楽しそうに演奏してくれた森重さん、皆さんにとても感謝しています。

 

 

ボールズは、本当に、素敵なバンドで、ボールズの音楽は、本当に、楽しくてワクワクする音楽で、私はずっと至福でした。

 

 


これまで沢山、沢山ありがとうございました。どうか皆さん、これからもお元気で。