読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9600km

 

 

真意を伝えるのは難しい。
言葉ひとつでも、自分の抱くイメージと相手が抱くイメージは違うし、「、」や「。」の位置、声の調子やテンポ、表情や目の動き、手や体の使い方によっても、言葉の印象はガラッと変わる。
私にとって最高級の思いを最大限に伝え切ったとしても、おそらくきっと、相手には3割ほどしか伝わっていないんだろうな。仕方の無いことだが、残念に思う。


もっと、超音波のような、伝達方法があったらよいなぁ、と思う。
超音波が実際にどれほどの機能を持っているのかは全く知らないけれど、私は、超音波は、物凄い力を持っていると思い込んでいる。テレパシーだ。テレパシーと同じだと思っている。
いいなぁ、超音波と、テレパシー。私も使いたい。


私の尊敬する人や、好きな人や、大切な人たちが、良くない所に居るのを見ると、酷く心苦しい。なんとかせねば、と思うけれど、結局他人にできることなんてほぼ無い。
わかるよ、本当に、わかるんだよ、と、言いたいけれど、本当にわかる時があるのだけれど、一体お前に何がわかるんだよ、と言われてしまいそうで、恐れ多くて言えない。


念じ続けたら、使えるかしら。テレパシー。使えそうな気がする。あれ、本当に、出来そうな気がする。

 

 

 

私は!とても!心配しているよ!そして!たくさん!想っているよ!いつでも!どこにでも!帰っておいで!また会おう!いつだって!

 

伝われ!