読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心を亡くす

 

 

最近よく思い出せない。

 

誰と何を話したとか、誰に何を話しただとかが、思い出せない。

 

確かに誰かと話をしたし、確かに誰かに話をしたんだが、どうにも思い出せない。

 

悪い話なら構わないけれど、「楽しかった」という思い出だけが残るのはちっと寂しい。ちゃんと具体的にどう楽しかったまで、覚えていたい。

 


同じ人と同じ会話を三度くらいせねば、駄目なのかもしれない。

 

 

 

忘れるというのは恐ろしい。

「忙しい」は心を亡くすと書くけれど、「忘れる」も心を亡くしている。どちらも似ているけれど、だいぶ亡くすの意味が違うように思う。忘れるほうが怖い。


 

 

いつかは死ぬ、と思うとなんでもよい気がしてくる。
色んなことを考えて、どうにもならない時は、そのうち死ぬもんなぁ、と思って考えるのを止める。
特に、不穏な意味はなく。