読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煙草

 

 

煙草って美味しくない。楽しくもない。そして身体中に害がある。最悪だ。

 

これまでに二度だけ、本気で煙草を始めようと思ったことがある。
友人の5割前後が喫煙者で、何度か分け与えてもらったこともあるけど、いざ自分でじっくり吸ってみようと思うと全く良くない。


一年程前に初めて自分用に煙草を買って吸った時、全身に害が巡り巡るのがよくわかって、本当に死ぬかと思った。ヤク中はこんな気持ちなんじゃないかと思うくらい頭もフラフラして、その後の吐き気も酷い。一生吸わねぇぞと思った

 


〜  一年後  〜

 

 


なんていうか手持ち無沙汰になり、あぁそういえばと思って、案の定ずっと同じ所に埋もれていた煙草を吸った。煙草って開けっ放しにしておくと湿気ると聞いたんだけど、私にはこれが湿気ているのか湿気ていないのかすらわからない。そしてやはり不味かったのですぐに捨てた。ていうかまともに煙草を吸ったことがないので、捨て方がわからない。ていうか灰皿すら家に無いので、カンカン(ってみんな言うのかな)のフタを灰皿代わりにして、灰は水で溶かしてゴミ箱に捨てた。それからなんとなく部屋が焼き芋の匂いがするのだけど、もしかしてまだ燃えているのかな。

 


煙草っていいことがない。
死期が迫るだけだし部屋が臭い。
けれど、換気の為に窓を開けたら程よく冷たい風が、程よく入ったり出たりして、心地よい。やっぱり人生悪いことだけじゃないよな、と思う。(しみじみ)

 

風の音を聞きながら、一体この歳になって何をしているんだ、と、まるで田舎のヤンキーみたいじゃねぇか、と思って、なんだか懐かしい感覚がした。ヤンキーになったことないけど。yeah

 


とにかく、これで十分懲りたのでとても満足している。ていうか世間ではもう、電子タバコが主流になりつつあるのね。私がせっかく煙草デビューを果たそうとしているというのに。こうやってパッと死んでいくのよね。

 


自分も吸おうとしていて何だけれど、本当に煙草は好きじゃない。初めの頃は匂いすら嫌で嫌で嫌で、絶対に煙草のある場所へは行きたくなかったし、どうしても煙草の煙に監禁されるような事態には、もう本当に死んでやろうかと思っていた。それは嘘だけど。

 

今だに、近くで煙草を吸っている人に対して、絶対私より長生きすんなよ、まじで、と思っている。これでもやんわり言っている。本当はもっと直接的に、言ってはいけないことを言いたい。でも言わない。平和主義だから。ラブ&ピース。喫煙者の知人がこれを読んでいたらどうしよう。終わりだ。この世の終わりだ。オーマイゴッド。ごめんね。

 

 

明日の朝、部屋が焼け焦げていないかだけが心配。