百度

 

 

 

時々、自分の中の卑しさに気付いてハッとする。無意識の、心の奥の奥の隅っこにいつもはじっと座っていて、ある時フッと立ち上がる、その時、私は自分がとても卑しいと知る。

 


誰の中にもあるものなんだろう。たぶん、この世に産み落とされた時から、無垢の天使に見える赤ん坊にだって、どこかドロッと黒いものが、あのフワフワと小さい体の中に、沈んでいるんだろう。

 

 

 

咳はずっと止まらないし夢はいつも夢のまま、夜はいつだって眠れなくってお酒を飲めば二日酔い、

 


マザー・テレサには一生なれないかもしれない。

 

 

許しなさい、人に優しくしなさい、正直で誠実でありなさい、作り続けなさい、一番いいものを分け与えなさい、

 

 

 

なれなくてもいいや。

自分の正しさを信じよう。

 

 

 

 

のえへんす

 

 

人生は磁石のように出来ている。

私が磁石なのか、人生というものが磁石なのか、S極なのかN極なのか、両方持っているのか、よくわからないけれど、そういうふうに出来ている気がする。

 

今日、"ねこじゃすり"という言葉を二度聞いた。お昼のバラエティ番組と、夜のバラエティ番組で。部屋のテレビと職場のテレビで。どちらもたまたま、何の気なしに見ていた番組で、たまたま猫が出ていて、そこでどちらにも"ねこじゃすり"が出てきたのである。

どうやら今流行ってはいるらしいが、それにしても偶然だなと思った。

 

もうひとつ、栃木県の"市貝町"というところ。つい一、二日前にテレビか新聞か何かで見、今日もたまたま見ていたテレビ番組に一瞬、出てきたのである。

 

 

こういうことが、よくある。

意識の問題だと言う人もいるけれど、そうでないこともよくある。引き寄せているのだ。磁石のように、私は"ねこじゃすり"と"市貝町"を引き寄せたのだ。どうしてその二つなのかはちょっとどなたか説明してほしい。

 

 

その類なのかは曖昧だけれど、今度行こうとしている国々で、相次いで大きな地震やテロが起こっている。しかしながら地震やテロというのは本当に様々な国でひっきりなしに起こっていて、いつもニュースでその様子は流れているはずで、旅行先だから特別目に付き気にするだけであろうが、う〜ん、試されているのかなぁ、と思ってしまう。お前はこれに揺さぶられるのか、と。

 

 

最近試されている気がするのだ。あらゆる場面で。神なのか、仏なのか、ご先祖なのか、過去や未来の自分なのか、私を試さんとするその正体はわからないけれど、なんだか最近そう感じるのである。

 

職場にいる、生理的というより道理的に無理な人(人と呼ぶにも心苦しい)に関しても、試されているのではないかと思う。百億パーセントでその人(人と呼)が人間的に欠落していて悪いというか、善し悪しというより信じ難いというか受け入れ難いというか理解しがたい人(人)なんだが、それを忌み嫌うのではなく、かと言って好かねばならないという訳でもなく、いかに平らになだらかに、ただそれをそこにいるものとし、それに対して意識を持たずに過ごせるか、空を見て青いと思うが如く、陽の下で暖かいと感じるが如く、そこにその人が居、動き、言葉を発しているのを見て、あぁいるなぁ、動いているなぁ、喋っているなぁという、表面一枚それだけを受け止めて過ごせるか、等を、試されているのだ、これは試練なのだ、と、己を思い込ませ耐え忍んでいる今日この頃なのである。苦心。

というかこれができたら結構な解脱に達するのではないか。流行語としてのサトラーでなく本物の悟りを開けるのではないか。涅槃じゃ涅槃。私はブッダになるのである。比喩としての仏でなく、本物のブッダになるのである。釈迦や釈迦。仏と釈迦の違いもわからないけどまぁいずれ私はそういうものになるのである。アッラー

 

 

最近読んだ紀行本が大変に面白くて、というかその著者が天才的にユーモラスで、一層旅に出たくなった。災害があろうとテロがあろうと生き延びる人は生き延びるし、意外と自分の部屋の中でポックリ逝っちゃったりして、かつてチヤホヤされ続けたアイドルだって病気に罹ってしまったり、人生は何が起こるのかわからないのである。わからないくらいが面白いと、彼も言っていた。そういうものである。

 

 

 

ところで"のえへんす"というのは、ホットコーヒーという意味である。と、今朝見た夢の中ではそういうことになっていた。朝起きてこれはきっと何かのお告げに違いない、きっとどこかの国の小さな村の未開拓の部族の言葉で、そこにいる年齢不詳の神聖なるヒゲモジャの長からのお告げに違いない、と思い、寝ぼけ眼でソッコーグーグルしたらノーヒットだった。ピッチャーだったら褒め称えられるところだけれど私としてはアッチャーというところ。この世に"のえへんす"という言葉は存在しないのだ。今のところ。でももしかすると、やはりどこか遠くの部族の長が、年に一度の村の祭りか祈りか何かの日に、特別な衣装を身に纏い、顔や体には神聖なる動物の血で模様を描き、村人全員に囲まれ、人々の声と風が止んだ一瞬の間、両手を天に捧げて一言、叫ぶのである。

 

 

  ノ  エ  ヘ  ン  ス  !  !  !  !  !

 

 

 

 

 

心に太陽を持て

 

 

 

毎日毎日生きていても、ちゃんと生きたなぁと思う日はとても少ない。

 


仕事を頑張ったな、でも、大好きな人たちと楽しく過ごしたな、でも、旅行に行ったことでも、なんでもいい、できる限り多く、しっかりと生きたい。

 

 

 

今日は、とてもよい一日だった。

朝早く起きて、洗濯機も回し、ご飯ものんびり食べ、ちゃんとお化粧をして、好きな服を着て、電車に乗った。


観たかった映画を観た。たまたま水曜日のレディースデーで、安かった。気分が良くて、映画のパンフレットも買った。半券で、お昼ご飯に杏仁豆腐が付いてきた。こういう小さな特典小さな幸せが、嬉しい。


大好きな本屋に行った。"大好きな"本屋ではなく、大好きな"本屋"、違わないようで、違う。

 

本屋で本を見ている時が、一番好きかもしれない。洋服を見ている時でも、テレビや映画を見ている時でも、お笑いやショーやライブを見てる時でもなく、美味しいご飯を食べるよりも親しい友人と一緒にいるよりも、何よりも好きかもしれない。しかしながら天気の良い平日、ほとんど貸切の電車に乗って田舎道を眺める事、そして電車に揺られながら眠る時も負けず劣らず。

 

紀行本が本当に好きで、今日も七冊買ってしまった。もう一冊買おうと思っていたんだけれど、先月同じ本を買った気がして、止めた。先月も六冊ほど買ったし、毎月一冊以上買っているくせに、本を読むペースは月に一冊か二冊程度。申し訳ない事に眠たくなってしまうのだ、文字を読んでいると。それがどんなに魅力的であっても。眠気には勝てないなぁ。読みたい本と本気で向き合える時でないと、読めないというのもある。文字が、言葉が、全く頭に入ってこなくって。本を開いて、あぁ無理だと思うと、一切読めない。それから知らない言葉や意味の曖昧な言葉をひとつ残らず辞書を引きながら読んでいるというのも一つの理由。(そのくせ全く覚えない。同じ言葉を何度も調べている。記憶力というものの存在を疑う)そりゃあ前に同じ本を買ったかどうかなんて忘れてしまうわな。読書家なんて一生言えない~。

ちなみに読書家とはどのくらいの冊数を読んでいればそう言えるのか、調べてみたら、だいたい年間100冊、ひと月にして8-9冊らしい。毎月8-9冊買ってるだけで読書家じゃあダメかなぁ~。

 


本屋にいると、時間があっという間に過ぎてしまう。超高速で本棚を見ようとしても、一時間はかかる。背文字を目で追うのが、とても楽しい。目に留まったタイトルの本を手に取る動作が好き。裏表紙のあらすじを見る前のワクワクが好き。あらすじをザッと読んでこれだ!とピンと来た時の感覚が好き。

 

 

タイトルって、本でも曲でもなんであっても、本当に大切だなぁと思う。それが全てではないけれど、人は見た目が9割、のようなかんじで、幾ら中身がよくてもパッと見た時に興味を持ってもらえなければ、中身を知ってもらうのは難しい。

作った人の感覚、一番大切な部分、センス、色んなものが凝縮されている、タイトルはとても興味深い。

 

 

と、本についてタラタラ長々熱々と、語ってしまった~。

この世の、(私個人が思う)素晴らしい本を全て読み切れないまま死んでいくのがとても惜しい。あの世にも本屋があったらいいな~、本屋くらいあるか~、あるよね~、なけりゃ作ればいいよね~、と、あの世での楽しみを今、ひとつ見つけた。ハッピー。

 

 


話変わって今日、お昼ご飯を食べている時、隣の席に座っていた夫婦(30代半ば程)が、ずーっと、口ゲンカしていたの。口ゲンカというか、ずっと互いに不平不満をブツブツ言い合っている、というかんじ。奥さんは口が悪く、旦那さんは終始貧乏揺すりをしていた。そして二人の間には二歳程の可愛らしい女の子が。その子がちょっと騒ぐだけで「うるせぇ」だの「ちゃんと食べろ」だの、それに対して旦那さんが貧乏揺すりをしながらまた何やら文句を言い、それにまた暴言で返す奥さん。泣き出す女の子。

他人の家庭に口出しはできないけれど、なんというか、残念だなぁと思った。ずっと、負のオーラが出ている、なんだか残念だなぁ、と。私が見たのはほんの一瞬の場面だけであって、もしかしたら普段はもっと、幸せで溢れているのかもしれない、だからこんなところでゴニョゴニョ言うのもどうなんだかな~、と思いつつも、なんだかな~と、思ってしまう。あの女の子が、最後帰る時私にニコッと笑ってくれたように、この先大人になってもずっと笑ってくれていますように、と思わず祈ってしまった。

 

 

 

 

とりわけ特別でもない今日みたいな日常にも、ネタは沢山あるもんだなぁと感じる。よいものも、よくないものも。

人は一日に六万回、考え事をするらしい。

そしてその大半が、ネガティブなものだという。

そう思うと、今日一日がよい日だったと思えるのは、とても素晴らしいことだなぁと思った。

 

 

 

熊本地震からもう三年も経っていたり、パリのノートルダム大聖堂が燃えてしまったり、タイで若い日本人たちが詐欺行為を行なっていたり、毎日ショッキングなニュースで溢れ返っているけれど、それにプラスして(というよりこちらがメインで)自分自身の中での葛藤や漠然とした不安や幻覚のような希望に悩まされたりもするけれど、

 

「心に太陽を持て。唇に歌を持て。他人の為に言葉を持て。勇気を失うな。」

 


今日はこの言葉に励まされた。

明日も生きよう。私の為に。巡り巡っていつか誰かの為にもなるように。

 

 

 

 

春は何処へ桜は六分

 

さすがにもう春だと思って、マフラーもタイツも手袋も置いて来たら、堂々と冬が居座っていて驚いた。やられた。辛うじて、保険として冬の上着を着てきたのが、救いだった。

 

首が寒い。

傘も持っていないのに、雨まで降ってきた。

 

ネギの頭の、辛〜い部分を食べてしまい、口の中がいつまでも臭い。明日の仕事が心配。

 

そしてなぜかお腹も痛い。

原因不明の体調不良ほど不安。

 

電車に乗れば、隣でカップルがずっと、イチャイチャしている。

 

携帯の調子もなんだか良くない。

 

 

こういう日がたまにある。

大したことはないのだけれど、小さな負が、続く時。(カップルは、悪くないけど…)

けれど大抵そういう日が過ぎれば、その分のよい日がやってくる。だから気にしない。

 

 

今日は一日、仮面を被っているような気分だった。着ぐるみを着ている、と言う方が近いかもしれない。嘘を吐いた訳でも、腹の内を隠した訳でも、猫を被った訳でも、何でもないのだけれど、親しい人と話をしている時、何か、自分の外側に一枚膜が張っているような、不思議な感覚だった。悪い気分ではなかった。こういう生き方も悪くない、と思った。

 

 

 

夏と冬の気温を足して半分こにできたらいいのに、と、毎年毎年、夏と冬がやって来る度に思う。夏は暑過ぎるし、冬は寒過ぎる。人間は恒温動物と言うけれど、結構ギリギリで生きている。確かに極端な場に居なければ簡単には死なないけれど、正直毎年キツイ。夏は本当に息が苦しくなるほど暑いし、冬は心臓が止まりそうになるほど寒い。

 

なんというか、絶対に無理なことだよねぇ。こうやって、どんどん地球は滅亡に向かっていくのだね。(何が)

 

億万長者もホームレスに部屋をひとつくらいあげてあげれば、と思うけれど、そういうことができそうでできないから、人類も近いうちに滅ぶ。

 

どちらにせよ私たちはあと数十年の命、地が割れ天が崩れない限り、平和なうちに生き終えられる、のなら、ラッキーだ。

 

 

 

 

3月28日木曜日 晴れ

 

 

今日は何もできなかった。

一日中眠っているのは体が疲れてしまうし、偶の休みなのだからと、辛うじて朝に間に合う時間に起き上がってみたものの、頭はずっとボンヤリしている。

 

パンを食べコーヒーを飲み歯を磨き、今読み進めているお気に入りの本の一節を読み、映画を一作観、ドラマを観、適当な動画を数個観、手記を書き、と、何かしらしてみたものの、なんとも気力が沸かない。すべきことも、好きなことも、何にもやろうという気にならないのである。はて困った。

 

 布団もぐちゃぐちゃのまま、髪もボサボサのまま、顔を洗いもせず、パジャマも着たまま、部屋を片付けもせずに、なんだかずっと、ボンヤリしているのである。

 

 

お湯に浸かって洗濯をしてお酒を飲んで、気を取り直したかと思ったけれどやはり、終日ダメだった。生きる気力がどこかへ吸い取られていく。まぁこんな日もある。

 

 

生きることに意味など無くていいのだろうけど、普段はあまり考えてもいないけれど、こういう少し弱った時に、ついふと考えてしまう。勿論こんな時に意味など見つかる筈もない。自分で自分を沼に陥れている。愚か者。

けれど一旦考えてしまい、そしてその意味が見出せないと、本当に困ってしまう。明日の朝目を覚ます意味がわからない。気力が起こらない。

こんなこと、一々考えなくてよいところで生活したい。窮屈過ぎる。

 

 

 

 

 

六畳一間に

 

 

人が死んだ。

知人と言うには遠く、他人と言うには薄情な、そんな人が。

 

彼の事はよく知らない。

年齢も出身も、家族の有無も。

ただ、ついこの間まで、そこにいた。

 

特別な会話はしたことがない。

特別な思いを持ったことも勿論、ない。

だから、彼がいなくなった事実に対しては、東京で桜が満開になったと知った時と同じような感じを覚えるだけだった。

 

 

ただ、彼が一人ぽっちでいなくなったこと、そのまま数日間、本当に一人ぽっちで動かなかったことを思うと、可哀想とも恐ろしいとも違う、ただ、悲しさを感じるのである。

 

 

六畳一間の限られた空間で、先日雪が降ったばかりの冷たい部屋で、薄い壁の向こうから温かい声が聞こえてくる訳でもなく、スッと消えていったことを思うと、ただただ悲しいのである。

 

 

惨状は知らない。

人に見つけられた後のことも聞かない。

けれどあの小さな部屋の、あったかいはずの布団の中で、どんどん熱の引いていく過程を、冷め切った後の静けさを想像してしまうと、これまで感じたことのない、死に対する悲しさを、感じるのである。

 

 

幼い頃よく見舞いに行っていた大叔母が亡くなった時も、所属していたスポーツクラブの大好きだった監督が亡くなった時も、アルバイトしていた先の店長が亡くなった時も、親友のお姉さんが亡くなった時も、叔父が亡くなった時も、感じたことのない悲しみだった。

 

 

 

人はいつか死ぬ。

いくらこの先進した安全で清潔で裕福な国に居ても、頑丈な体と最低限の衣食住を持っていても、牢獄の中に閉じ込められた人が毎日決まった時間に食事を与えられ毎晩そこの看守が見回りに来たとしても、今日を生きられる保証はない。

そもそも人は、生きとし生けるものは、生まれた瞬間から死に向かって生きている、と、いう考えだってある。

とりわけ日本人は、むしろ死後の為に生きている節もある。自分がいなくなった後の子孫の為に、生前苦労と忍耐を繰り返し生きている。

 

 

生とは?死とは?

考えるほどぼやけてくる。

ただ、今の私には、死はただひたすらに怖い。冷たくて悲しい。そして寂しい。

だからその分、死を恐れる分、今生きていることに感謝と誇りを持って、尚生きて行こうと思う。生きるというよりも、生き抜くといった意気込みで。

 

今、これは、ミラクルなのだ。

容易なことでも当たり前のことでもなく、今、ここに生きていることは、正真正銘奇跡なのである。

 

 

あの事故から一年、あの豪雨から二年、震災から八年、あれから、それから、何年何十年、その度に私は、生や死のことを想う。そして迷う。

その沼にはまって出られなくなる時、いつもこの、自分の命のことを想う。

あれやこれや、わからなくなるから、ただ私は、私が今生きていることを、再確認する。そして明日も生き抜いてやると誓う。

誰の分とか誰の為とか、そんな生き方はできないけれど、とにかく私は生きるのである。

 

 

 

 

新たにまた生きる力を与えてくれた彼に

追悼

 

 

 

 

 

本は良い。

夜、休日の前、何も時間を気にせずに、飽きるまで、眠たくなって意識を手放すまで、読む本が、良い。

 

とりわけ紀行文は、良い。

単なるエッセイも、その著者の思考・性格がよく表れて面白いのだけれど、旅行記のような本となるとその面白さが何十倍にも増す。

 

 

本は、小説であれ自伝であれ何であれ、著者の人柄がよく出る、と、本をよく読み重ねるにつれ感じるようになった。

 

ユーモアのある人、感性の豊かな人、真面目な人、やんちゃな人、(勉学としての)頭の良い人、その頭の良さを見せたがる人、真っ直ぐな人、本当に様々な人がいる。

 

一体どんな道を歩いていたらそんな発想が落っこちているのかと、尾行して確かめたくなるくらい愉快な文書を書く、ユニークな感覚を持つ作家さんもいる。

 

はたまた、小難しい言葉ばかり並べて、自分の賢さをひけらかしたいのかとしか思えない文章を書く人もいる。話が全く頭に入ってこない。

 

物凄く腑に落ちる表現ばかりを使う人もいる。これは読み手(私)との相性でもあるけれど、言葉ひとつひとつ、文章ひとつひとつ、それらの組み合わせ、使われる位置、何を取ってもパーフェクト、公文だったら100の周りにおっきい花丸を書かれるほどに素晴らしい書き方をする人がいる。隣に寄り添ってくれるかのような文章。

 

あるいは、時折辞書を引かねばわからない言葉を細々と入れてくるけれど、それがとても自然な著者もいる。今、そういう人の本を読んでいる。

単なる小難しい興味の沸かない本と何が違うのか、と考えるけれど、恐らく今のこの人は、何の背伸びも見栄も無い、等身大の文章を書いているからなんだろうなぁと、思う。

 

だから私は今、必死に一々辞書を引き、その情景に思いを馳せ、質素というよりももっと貧相な生活を何故だか羨み憧れ、彼の思想・状況を少しでも汲み取れやしないかと、読み進めているのである。

 

 

いつまでもこんな時間を過ごしたい、と思うのだけれど、日常の、生きているのか死んでいるのかよくわからなくなるような生活の中に、ぽっと出来たこのような時間だからこそ、価値があるのだろう。

 

 

兎にも角にも、今のこの時間がとても幸せだ。

こういうものは、キュッと凝縮させて、真空パックして、冷凍保存して、いつまでも取っておきたい。