我思う、故に我在り

 

 

どの島がどの国のものだとか、この絵はあの人の絵だとか偽物だとか、世の女の子たちはチーズ料理に夢中だとか、株価が暴落しただとか、よその大統領の言っていることとか、そんなこと私にはわけわからないよ。

 

相次ぐ地震も、教師の暴行や生徒同士のいじめや、親子間の殺害も、脱税問題も国会議員の言い間違えも、虚偽も隠蔽も、もううんざりだ。

 

 

なんとなーく、心がモソモソする。

 

休みの日、大好きな人たちと会って、ゆっくり家で眠って、部屋のものをごっそり片付けて、愛おしい猫と触れ合って、お笑い番組を観て、お酒を飲んで、好きな歌を口ずさんで、音楽を聴いて、色々と、好きなものに触れたのだけど、なんだか、満たされないような、心がザワザワするような、感じがしている。

 

こんな日もあるよなーと、今はとりあえず開き直っているけれど、今だにこういう感情の落差に一喜一憂して、たまに処理できないことがある。

 

 

冬にももう堪えかねる、でももう花粉が飛んでいる、花見をしたかと思えば夏が来る、暑さにも参って飽き飽きすれば、おしとやかに秋がやって来て、あっというまにまた冬。ずーっとずーっとその繰り返しだけれど、生きているだけで儲けものだ。本当に、素晴らしいこと

 

 

働きたくないし、とりわけ冬は外に出たくない、大好きな人たちにさえどうにも会いたくない時もある、やりたいことは沢山あるのになんとも動けない時もある、そういうことにうんざりすることもある、落ち込んで不貞腐れて眠り込むこともある、朝になればすっからかん、そういうことの繰り返し。それでいいじゃない。なんにもがんばらなくていい。息をすること。生きること。それでいいじゃない。私が今ここに、いること。それでいいじゃないの。

 

 

 

 

今日

 

 

今日。

今日はとってもいい一日だった。

 

血液が、血管を震わせて、手の指先まで波打つ感覚。

 

親しい人が、自分をわかってくれているこの瞬間。

 

目に見えたものを通り越して、愛しく思える存在のあること。

 

 

何十億もある命、意識、細胞の中で、私が今ここに生きているということ。

 

 

 

ありがたく、そして尊い

この命燃え尽きて灰すらも地に還り無くなったとて、生き抜いてやると、思い誓った、今日。

 

 

 

12月31日

 

 

 

12月。

あっというまに12月かと思ったら、あっというまに冬至、あっというまにクリスマスであっというまに年越し、そんでもってあっという間に春が来てあっという間に夏休み、あっという間に食欲の秋であっという間にまた雪が降るんだろう。あぁなんて早いこと。

 


今年は本当に、バタバタだった。頭の中が。

おんなじことをぐるぐるグルグル、ずっと考えていて、沢山悩んで沢山迷って、ちょいと進んだかと思えばズンと退がってしまって、それでも結果としては、辛うじて海面から顔を出せたというかんじ。

精神的に結構辛くて、その辛さをどう乗り越えようかばかりを模索していた。無意味な日々も沢山あった。見て見ぬふりをしてみたり、究極の楽観主義に徹してみたり、喝を入れてみたり自棄になってみたり、色々試した結果、去年までに比べてうんと、強くなったと思う。「強い」というのはもの凄く抽象的だけれど、でもたしかに、強くなった。

 

 

 

来年は、今まで脳の中だけで忙しなく動いていたのを、ババンッと外に飛び出て、目に見えた行動に移そうと思う。考え方も少し変えたい。簡単に変えられるものではないけれど、今ならできるような気がしている。善は急げだ。

 

 

 

 


時折麻薬のように気分がハイになって、「私の目の前には明るい未来しかないわ!」と思う時や、逆にもう無理だ、もう何も見えない、何もできない、動けない、と泥沼の闇に吸い込まれてしまうような時とが、ある。どちらも怖い。ただ、今が丁度そういう時期なんだろうと思う。

なかなか操縦するのは難しいけれど、私の中にもう一人私を飼って、というよりもう一人に飼われるようになるのだろうか、ガンダムの中に人が入って操縦するみたいなかんじで(よく知らないけれど)、そうやって、自分で自分をうまく飼い慣らせるようになりたい。ならねば。

 

 

 

さ~て、来年が楽しみだな!

同じ一直線に、12月31日と、1月1日とが続いているのに、年が変わるというだけで、気持ちがリセットされる。有り難くリセットしよっと!

 

 

 

セルフ・コンフィデンス

 

 

 

思えば、小さい頃から自分に自信を持ったことがなかった。

 


一瞬の、ちっぽけなものならあっても、容姿、性格、知能、身体能力、特技、その他自分を取り巻いているものにまで、何か胸を張って人に自慢できるようなものが、なかった。

 

 

 

日本人らしいと言えばそうなのかもしれない。恥の文化、謙虚な姿勢、よく言えばザ・日本人ということなのかもしれない。

 

 

 

けれどそれって、物凄く残念。

自己主張の激しい人はあまり好きでないし、自信家すぎる人も得意ではない。

 


ただ、外に出すでもなく、自分の内に秘めておくだけの、秘める必要もないのか、自分で満足できればそれだけでよい、そういう自信は絶対的に必要だ。と、この歳にしてやっと気が付いて、あぁこれまでなんていう生き方をしてきたんだろうと、ちと悲しくなる。

 

 

 

過信するのもよくないけれど、うまい具合に、自分を認めて、自分に自信をつけて、自分を好きになれたらよいなぁ。素敵な人生を送りたい。誰がどう思おうと、私の人生サイコーハッピーサンキューサンキュー!ってかんじの、素晴らしい人生。

 

 

 

 

 

 

今日は天気が良くてよかった。

いつにも増して鳥がピヨピヨうるさい。

元気なことはいいことだ。

 

 

 

 

 

 

明日に向けて、今日も生きるぞー

 

 

優花

 

 

 

寂しい。

夜は寂しい。

 


酒と煙草と音楽で、紛らわす日々。

あー!寂しい!

 


体に悪かろうが寿命が縮もうが、そんなの知るかー!明日の夜まで生きられる100パーセントの保証などないのだ!私は生きるよ!

 


にしてもどうにも、三半規管が弱くて参る。

近頃は半規管と言うらしいとかなんだとか、聞いたようなそうでもないような。

 


毎日ずっとコーヒーカップでもぐるんぐるんに回して乗っていれば、強くなるもんなのかしら。そんなの知らんわー!私は生きるよ!

 

 

 

今日は早く寝よう、と毎日思いながら毎日夜更かし。

23時には寝よう、が、0時には寝よう、が、どうやっても過ぎてしまう。眠たくないと眠れない。ふくろうの気分。ふくろうもこんな気分?

 

 

 

人間は昼行性なんて、誰が決めたのかしら。

習慣もあるだろうけれど、私は根っからの夜行性だ。と、ずーっと、思っている。

世の常の上で生きられないのは、ちぃと辛い。

 

 

 

旅に出たい。

近くだっていい。

旅だと思えるところならどこでもいい。

この、毎日の、閉塞的な、刑務所みたいに思えるような、ところから、えいやっと飛び出して、私は、旅をしたい。

 

 

 

本当はなんだってできるのだ。

なにもかもすべて、自分の支配下で、だから本当は、どうにだってできるのに、何をこう、シュンっとなって、体育座りをして、生きているのだ。

 

 

 

このまま、六畳一間の長四角い箱の、静かで真っ暗い空間の中で、死んでたまるかー!

 

 

 

 

 

 

という、酔っ払い。

今日も生かしてくれてありがとう、生きていて偉いぞー、明日も生きるぞー

 

 

ラッキーセブン

 

 

 

落ち込む。

こんなに落ち込むのは、結構久しぶりで、怒りの後の悲しみの後の虚しさを抜けて、ボーッとしてしまう。

 


ちょっと前までだったら、もうそれはもう、泣いて泣いて盛大に泣き喚いて、本当にお先真っ暗といったかんじ、明日の楽しみさえ闇に葬られて途方に暮れて、酒に八つ当たりして当たり返されて、グラングランに酔って吐くまで飲んで、泣きながら意識が朦朧としたまま眠って、結局翌日も二日酔いで、なーんにもいいことがなかった。

 

 

 

少し大人になったと認めてやろう。

上のひと幕をしないだけマシになった。

 

 

 

 


たぶん、人生の、というよりももっと頻繁に、日常生活の中の大まかな括りの中で何度か、裁かれているのだと思う。神だか仏だか先祖だか、未来の自分になのかはわからないけれど、そういう私の全てを知っている人物が、ある一定の期間ごとに、私を審判している。

 


よい生き方をしていれば褒美を、よろしくなければ罰が与えられる。

今日はきっと、満場一致で不可だったんだろう。あー、あれやこれや討論している様が頭に浮かぶ。全員が不可の札を挙げている様子も。

 

 

 

 


物事は何でも考え様だ。

作り話でも何でもいい。

いかに自分を飼い慣らして生きていけるか。

いかに自分だけのこの生活を豊かにし、自分にしか生き得ないこの人生を幸福にするか。

今日はちぃとツイてなかっただけだ。

 

 

 

おお神よ仏よ先祖よ未来の私よ、

今日はちっと反省して、また明日からがんばります。次の審判には負けないように。

 

 

 

 


私の中のジンクスで、悪い事が起こったあとは同じ度合いの良い事が起こる。考え方を変えればむしろラッキーなのである。

 

 

 

バッチコーイ、幸福!

全力で受け止めるぞーーー!

 


 

 

 

 

 

 

 

よーし、お腹が空いてきた。

食欲があればなんでもオッケーだ。

 

 

 

昨晩のこと

 


夜、たまに、別の世界に行けるんではないかと思う時がある。

 


幽体離脱みたいな、夢の中のような、そんな感じの、世界なんだけれど、大抵はお酒を飲んで煙草を吸って好きな音楽を聴いている時、そしてちょっと寂しくて虚しい時、そんな時、もしかしたら自分の中に潜在している特別な能力を使えて、それでこことは少し違った、クローンみたいな、A'の「'」みたいな、鏡に映った自分みたいな、同じようで少し違った、そういう世界に、行けるんではないか、今日の夜はそこに繋がっているんではないか、と、思うことがあるのです。

 

 

 

世界は、というより宇宙は、人間の計り知れる範囲よりも優に超えたところにある。はずだ。そうに違いない。だから、私が想像するよりももっと、色んな事象が起こって、私の知らないうちに終わっていく。そうなんだろう。

 

 

 

そう思うとね、まぁなんでもいっか、と、極論そう思うのである。46億年の地球の人生、地生?に比べたら、みたいな考え方で、いやぁそんなこと言ったって私のこの80年続くはずの人生は地球にとっての46億年と等しく劣るものではないのだけれど、なんかさぁ、よい意味で大らかになれる。ありがとう地球、偉大なる地球。

 

 

 

最近考えるという行為をすることがガクンと減ったけれど、それは良くも悪くもあるけれど、その間にも色んな人と関わって、新しい人とも沢山会ったし、尊敬できる人たちの話も沢山聞いたし、それでも自分の中の核は失いたくないという意地は持ち続けているし、川の中の石ころみたいに、水に押されながら、ちぃと流されながら、角を削られながら、実は自分の行きたいところへ連れて行ってもらっていたり、うまいこと丸めてもらっていたり、そんなことをしながら、結局何が言いたいのかというと、もっと自由でいいのだということ。私が最大限に私でいられる生き方をすべきだということ。